梅雨に美味しいウィスキーの飲み方

おつかれ様です。


Barや試飲会で嗅いだ


赤チンっぽさに


一瞬でほだされ


ご自宅に


ラフロイグや


アードベグの


ウィスキー・ボトルがあるよって方、


いらっしゃいますよね。



保健室の先生が好みじゃありませんか。



・・・梅雨にご自宅での一杯をご提案。



a.アードベグ・ソーダ・バック
   


   シングル・モルト・ウィスキー、
   アードベグ10年を
   ソーダとジンジャーエールの双方で割り
   レモンを搾ったハイボール・スタイル



Image


b.スモーキー・                                                                                             オールド・ファッションド・カクテル


   長期熟成のラフロイグに
   オレンジ、ミント、チェリーを添える。
   甘み調整の角砂糖(出来れば                                                                                  アンゴスチュラビターズに浸したもの)も添える。



Image_2




また、梅雨のくぐもった空気には


海辺に蒸留所のある


シングル・モルト・ウィスキーも


潮風を運んでくれます。



Image_3


スコットランド本島北部のプルトニー


同島東部のバンフ


同島南部のロッホ ロモンド


立地由来なそれぞれの潮っぽさ。


どれも、さらっとした風味にあと口。


テンポよくサクサクと飲れます。

この記事へのコメント