オレンジ・デーのハッピーカクテル

おつかれ様です。


オレンジ・デーの4/14。


花嫁の喜びという花言葉のオレンジ。


オレンジ・ジュースを使う


ハッピーカクテルと言えば


ミモザ。


立春あたりから


小ぶりな黄色い花を


たわわにつけるミモザの花。


材料
オレンジ・ジュース適量
シャンパン適量


作り方
よく冷やした材料を
縦長い形状のグラスへ注ぐ


シャンパンの泡に踊る


オレンジジュースのつぶつぶをを


ミモザの花に


なぞらえなぞらえ。



Image



何かとスタートを迎えられたあなたへ


ちょっぴりひと休みの一杯。


グラスの底から沸き立つ春の香り、


花の香り。


ミツバチさん、寄っといで。


実際にハチミツを使うカクテルや


昨今では


「ハニー」とはっきり味わいをうたう


有名ウィスキーも台頭しています。


春の香には


くぐもった


クリーミーな香りも感じ取れます。


バニラのような。


極甘口シェリー、ペドロヒメネスは


バニラ・アイスクリームに浸さないと


飲み辛いほど甘いです。


材料
ハーゲンダッツ・バニラカップ 一個
ペドロヒメネス 45ml
バニラビーンズ 一本

作り方
カップから丸ごと取り出した
ハーゲンダッツをグラスにあけ
ペドロヒメネスを控えめに注ぐ。


バニラのサヤから
こさぎとったビーンズを浮かべ、
まだまだ香りの豊かに残るサヤを
刺したり、結んだりして
デコレーションしている間に
良い感じにアイスクリームが溶け出します。


小ぶりなスプーンでどうぞ。



Image_2



さまざまに香る豊潤な味わいの中に


一本筋の通るバニラ香を持つ


リキュールもあります。


魔女のレシピ、ストレガ・リキュール(右)や


ネクスト・バッターズ・サークルにあっても


おかしくない握り良さの


ガリアーノ・リキュール(左)。


お酒ではありませんが、


フィレンツェの


サンタマリア・ノッヴェラ薬局の


バニラ商品(中)も飲みたいくらいです。



Image_3



また、内側を強く焼いた樽で熟成する


米・ケンタッキー州産の


バーボン・ウィスキーはバニラ香が持ち味。


柔らかなバニラ香を持つ


バーボン・ウィスキーと


生えたてミントの葉っぱで作るカクテル、


ミント・ジュレップは今が飲み頃ですよ。

この記事へのコメント