襟楠

166
おつかれ様です。

スウェーデンうまれの

アブソルート・ウオッカに

一番上等なエリクスという

仲間が加わりました。

そのエリクスを使用する

カクテルコンテストに

「レイクサイド エクスプレス」

という一杯でチャレンジします。

以下、その思いの丈です。 

ここにきて真打ち登場か!

と同時に

エリクスを提供できる

バーテンダーでありたい。

が、このウォッカへの第一印象。

実際に手に取ると、

これはストックホルムの工場で

1929年製の銅製スチルの息遣いを感じなければ、

お客さまへプレゼンし続けるのは難しいぞ!という決意でした。

なぜって、厳選素材の追求のみに右にならえなプレミアム・ウォッカ市場に、

ハンドメイドの手間ひまを加え、

酒文化の方向性をシンプルに提案する一本だから。

この手間ひまへのかじ取りがエリクスらしさ、思想。

作り手の見えるウォッカの誕生です。

森と湖の国①「スウェーデン」の澄んだ空気と水。

②「銅」製スチルは懐かさを誘うセピア色。

③「モダン」は封建制のあとの資本主義を意味する近代、

たくましさを持つ自由社会。

年代物の一級品を④「ビンテージ」と呼びますし

、飲酒を文化に高めたのが⑤「禁酒法時代」。

⑥「匠」はハンドメイドに許される技術の到達点。

6キーワードから導かれるエリクスカクテルは、

北欧の美しい自然や神秘の表現にとどまらない、

人類の英知やハンドメイドの手間ひまがもたらす文明賛歌な一杯。

ところで、アブソルート元来の持つ芳醇なまろやかさは

シェイクのソルティドッグに最適。

飲み手を映す鏡のように透き通り、

すーっと深い世界に引き込みます・・。

・・銅製スチルの生まれた頃に想いを馳せます。

チャップリンのワンシーンやスイング・ジャズの米国文化・・。

都市と呼べる街はいくつかだった当時の世界観を

ありありと匂わせる文明は?

そうだ!郷愁漂う鉄道という近代文明はどうだろう。

例えば、スウェーデン五湖を巡るオリエント・エクスプレスのような豪華列車。

エクスプレス(急行列車)は、ただ物資を運ぶだけだった鉄道という輸送手段に、

人を早く運ぶ価値を加え、旅文化を確立させた象徴。

サービスや作り手の見える付加価値はエリクスの思想とも似ています。

ラヴェンダーの香る大地に、限りなく透明な湖。

どこまでも続くライムの線路にはりんご急行が走ります。

エリクスの芳醇なまろやかさとその思想は、

とろみする憶えるソフトな舌触りにしたためました。

さぁ夢のエクスプレスはエリクスにまつわる

どんな人たちの顔を見せてくれるのでしょう?

この記事へのコメント