曲線酒で乗り切る梅雨前線

おつかれ様です。 barスペースへの入口、white spaceで 7/1(土)~7/9(日)開催の菅雄嗣展。 scraped paintingという キャンバスに塗布した絵の具から 筆跡や痕跡を描き出す作品。 スピードの象徴・ハイウェイという題材は ひっかき傷やシワの質感に 時間量のみならず匂いまで もたらしています。 oneはスタンダード・カクテル、 beach comber ビーチコーマーを オマージュの一杯として提供します。 湾の曲線に引き寄せる大波の意味のほか、 砂浜に櫛をする人、転じて 砂浜で漂着物集めに興じるピュアな心を 模した一杯です。 砂浜に櫛をする事から キャンバスを引っかく事を連想しています。 white rum                            1/2 white curaçao                     1/6 maraschino liqueur             1/6 lime juice               …

続きを読む