滋味

おつかれ様です。 十月開催の廣末勝己氏展示会へ向けて オマージュ・カクテル創作に励んでいます。 作品集から すくいあげた印象は「NEO」と「なお」。 これに 新発売のジャックダニエル蜂蜜味を掛け合わせてはどうだろう。 カウンターのこちら側から汲み取れた情報は ①ハイボール、カシス、 ②宇宙、結晶、ノスタルジア、 ③ミックジャガー、ドゥニャ、先生。 まずは、季節感から順序立てよう。 ~夏休みの宿題。 「葉巻にあうジンベースのカクテルを」というオーダーに取り組んだ今夏。 写真の「JIMI」は答えの一杯。 ピンク・ジン、フランシス・アルバートと呼ばれる二杯のカクテルをきっかけに、 私の十八番スティンガー・カクテルへ編曲。 同時に 葉巻を「紫煙」に見立て、ジミ・ヘンドリクスの「JIMI」と呼ぶ方向へ。 ヘンドリクス・ジンを3、  ライ・ウイスキーを2、 イエガ―マイスターを1。 およよ、オーダー氏がジミヘンに見えてきたぞ。 ~展示の頃は通りのイチョウがまぶしい頃かな、さびしい頃かな。 深まる秋へ想いを馳せ、ひらひらひらっとあふれてくる素材は 金平糖、バナナ、ミスター・・・・・気分転換のタイミング。 栗のアレキサンダーカクテルで身体から秋に。 http://www.barone.jp                   …

続きを読む